皮膚の外や内側から改善する|美容皮膚科の大事な仕事

クリニック選びが重要

医者

肌のトラブル解消や美容を専門とする皮膚科が美容皮膚科です。美容皮膚科を利用する際は口コミサイトを利用するとクリニック選びに迷いません。口コミサイトには美容に関する知識やクリニックの評判など多くの口コミ情報が掲載されているので美容皮膚科を利用する際の参考になります。

もっと見る

レーザーや外用薬で治療

微笑む婦人

症例と対応する治療法

人の体にできるシミは様々な種類があり、その発生原因や特徴も違っている上に、それを消すための美容皮膚科の治療法もまた症例ごとに異なります。例えば加齢によってよくできるシミには、老人性色素斑があります。老人性色素斑の原因は主に紫外線による蓄積ダメージです。紫外線で皮膚が傷ついて体内のメラニンの排出が遅れることで、本来残るはずのない色素がずっと残り続けます。主に顔や手、前腕といった紫外線を多く浴びやすい部位に現れやすいのが特徴です。対応する美容皮膚科での治療法には、特定の色素のみに反応するレーザー光を照射する術式がポピュラーです。また老人性色素斑には、外用薬の塗布による治療も美容皮膚科では行っています。トレチノイン軟膏を使った治療法で、コラーゲンを増やして肌のターンオーバーを促進させることで、メラニンを排出させます。このトレチノイン軟膏を使う施術には副次的な効果もあります。ターンオーバー促進効果は肌の艶や弾力、潤いなどを蘇らせるため、シミが消えるだけでなく美容効果という面でも期待できます。また30代から40代あたりになると、肝斑と呼ばれるシミもよく顔に現れてきます。肝斑は左右対称にシミが現れるのが最大の特徴のため、ある程度自分で見分けることが可能です。見た目は薄茶色のシミで、目の下や頬あたりに出来やすい特徴もあります。肝斑に対応した美容皮膚科の治療法には、レーザー治療や塗り薬であるトレチノインゲル療法が用意されています。またイオン導入や超音波治療、さらに美容皮膚科によっては内服薬による薬物療法も取り入れています。

医師やクリニックの選び方

美容整形の分野は日進月歩であり、美容皮膚科で受けられるシミの施術も年々優れたものが次々登場しています。しかし最新の術式や機器を用いるのは医者であり、またクリニックの持つ考え方や取り組みが大きく影響しています。それだけに医師やクリニックの選び方を工夫することは、名医との出会いにも繋がります。シミ解消のための美容皮膚科と医師選びには、実践したい工夫が複数あります。まず1つ目の工夫点として、医師の経歴を確認しておくことです。現在ではほとんどの美容皮膚科が医師の紹介を公式ウェブサイトや医師本人のブログで行っています。これらのサイトから医師の経歴を辿っておくのは技術力を知る上でも重要な情報です。現在の専門分野は何か、かつてはどの科に所属していてどういう遍歴を辿っているか、今まで働いてきた病院はどこかなどの情報は、名医を判断する上で把握しておきたい情報です。一概に判断はできませんが、シミ治療の場合は美容皮膚科の前は皮膚科や美容外科に所属していたり、専門分野でレーザー治療や麻酔に携わっている医師は、名医が多いともされています。また2つ目の医師やクリニック選びでの工夫として、カウンセリングによって実際のクリニックの雰囲気や医師の考え方を知ることも有益です。医師と会ってシミの悩みについて話すことで、その医師の性格やシミ治療に対する考え方、審美面で何を重視しているかなどが分かります。患者の事を考えたクリニックを見つけ、信頼できる優れた技術を持つ美容皮膚科の医師と出会うためには、直接カウンセリングで話すことが大きな判断材料として役立ってくれます。

自信の持てる肌になる

ウーマン

そばかすでお悩みの方は、美容皮膚科に相談してみると良さそうです。そばかすの治療法は、幾つかありますが最適な治療法を提案してくれそうです。そばかす治療をしながら、肌のくすみや毛穴の黒ずみ解消もできる光治療があり、人気のようです。

もっと見る

毛穴改善で若見え美人に

鏡を見る女の人

美容皮膚科で美肌を目指す際におすすめなのが、毛穴治療です。毛穴にも様々な種類があり、美容皮膚科にはそれぞれの毛穴を改善する施術がそろっています。その中で今注目されているのが、スポットピーリングです。毛穴に直接ピーリング剤を流し入れることで、毛穴自体を小さくし、毛穴を内側からふっくらとさせます。

もっと見る